なおみごよみ


<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧



タイ2


あそんでばっかりと思われてはいけないので。
ちょっと、働いているかんじの写真も・・・
f0126115_12462851.jpg
ここはタイのバンコクにあるカンタナというスタジオ。
日本でいうと、イマジカみたいな感じの現像所とスタジオが一緒になったみたいなところです。
そこで、エンドクレジットの作業進行を担当してくれている子が、
ナイナイ岡村くんにそっくりだったので、おもわず写真を撮りました。
タイと日本はやっぱり似ていますね。
f0126115_1248112.jpg

しかし、このスタジオのスタッフは全員英語が話せます。
そこが、日本と違うんだな。
だから、ここには、ハリウッドからもチームがやってくる。
わたしが来る前の日まで、ウォンカーワイさんが作業してたんだって!
進行のボスは、白人だし。
編集室のとなりでは、フランス語はなしてるスタッフがいるし・・・
本当にここは、国際的なんだなと思う。
そして、世界は広く、しかし、小さく・・・
きめ細かいコミュニケーションを必要としているのだと思う。


We are not just enjoying the vacation.
This is the photo of us working...

(photo 1)

This is the studio named Kantana in Bangkok, Thai.
It is like combining the IMAGICA processing laboratory and studio.
I took his photo. He just looks like the Japanese comedian Okamura-kun.
He's the coordinator for the end-title credit.
Thai and Japanese are similar, aren't we?

(photo2)

All the staff members here speak English.
That rarely happens in Japan.
And so, crews from Hollywood visit here.
Wong Kawai was working here the day before I arrived.
The crews next to the editing room are speaking French.
This place has an international environment.
Our world is big yet small, wanting the careful communication.
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-31 12:52


タイ


タイで新作の最後の作業をしています。
作業の休みの日。
アユタヤに行きました。
ぞうさんに会えて、大満足のみちゅき・・・
f0126115_1234166.jpg


f0126115_12351674.jpg

その夜はムエタイを見て、大興奮。
となりのかあちゃんにキックキックパンチです。
そうしてメインの試合のチャンピオンと記念写真を撮りました。
でもちょっと、汗が気持ち悪く、嫌な顔・・・なのね。

f0126115_12393159.jpg

f0126115_1241053.jpg


I'm working on the final stage for the project.
Day off from the work.
We went to Ayutthaya.
Mitchuki is happy seeing elephants.

(photo1)
(photo2)

We were excited watching a Muay Thai match.
He gave me punches and kicks.
We took a souvenir picture with the champion of the main event.
He shows a little frown... because of the champion’s sweat...

(photo3)
(photo4)
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-31 12:44


ゲスト

f0126115_1446544.jpg


今回のこの映画祭のコンペには小林政広さんが選出されていた。
なんと、この映画祭のグランプリには賞金10万ユーロ。
約1700万円が支払われるという。
すごいな~
でもこれは、制作者に対する敬意なんだと思う。
映画をつくるのに、お金はやっぱりいるし、それを回収しなくちゃ
創り続けられないし・・・だからといって、売れる映画を考えて創るだけでは、
物足りない。
その繊細なバランスの中に、こういう応援があると、とても勇気づけられる。
しかし残念ながら、小林さんの映画は受賞を逃したけれど、
審査員が、授賞式のあとにかけよってきて、あなたの映画はよかった!
と告げていた。それはとてもうれしいことだと思う。
丁寧な映画祭スタッフと審査員に支えられた映画祭はとてもよかったのでした。



Mr. Kobayashi Masahiro is nominated for the competition at this year's
festival.
The Grand-Prix Award is one hundred thousand euros.
That's about seventeen million yen.
Amazing...
But I think that's just tribute to authors.
Making films needs a lot of money and if we cannot receive reward, it's
difficult to make films... Also it's not good enough just to make salable
commercial movies.
In such a subtle balance, this kind of support encourages us.
Unfortunately his film missed the award, but one member of the jury ran to him saying his work was great. That's a wonderful thing.
The respectful staff and jury made this film festival excellent.
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-17 14:46


いちばん高いところ

f0126115_14343166.jpg


この島の一番高いところ・・・雲のほうが下にあった山で
なんちゃってトレッキングをした。
春の山はとても気持ちよかった。
この森は、小人の森というらしい。
奈良でも映画祭ができたら、ゲストに原生林に案内してあげたいな~
こうゆう体験がもう一度ここに来たいと思う理由だと思うから。



The highest point in this island..., clouds are way below.
In such mountains, we did trekking-like hiking.
So fresh in the mountains in spring.
This forest seems to be called Pygmy's Forest.
If we successfully host the international film festival in Nara, I'd like to
take the guests to the old-growth forest there.
Such an experience will give them a reason to be back in the place once
again.
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-17 14:34


まぐろ

f0126115_12232162.jpg
マグロ漁の関係のお仕事を10年以上していたアルバロさん。
今回のアテンドをしてくれました。
どこか、日本人よりも日本人らしい気の使い方で、すっかりお友達に・・・
f0126115_12234065.jpg



アルバロが、マグロに聞こえたわたしは、それ以来彼を「まぐろ」と呼ぶことに・・・
すると、アルバロの顔がマグロに見えてきて、大変だった。
でも、きっと彼は日本とスペインをマグロで結んだ人生をしっかり生きた人だから、
それも仕方ないだろう、そんなもんだ!と思う。
マグロに見えた後は、関西のおばちゃんに見えてきて、これも大変だった・・・
しかしマグロのおかげで、大変楽しいカナリアの日々でした。
ありがとうありがとう
f0126115_1223513.jpg

f0126115_122419.jpg



(photo 1)
Alvaro-san, doing tuna-fishing business more than 10 years.
He escorted us this time.
He's more like true Japanese, taking good care of us, and we became
friends soon.

(photo 2)
First, I heard his name as "Maguro" instead of "Alvaro" and since then, I
call him Maguro (means "tuna fish" in Japanese).
And the trouble was that his face was increasingly looking like tuna fish to me.
But I guess it is because he lived his life contributing to the tie-up
between Spain and Japan through tuna fish business. That's the way it is!
And another difficult thing was that he was getting like a typical
middle-aged woman in Kansai area in Japan, instead of tuna fish.
But thanks to Maguro, I really enjoyed my stay in Canarias.
Many thanks to you.

(photo 3)
(photo 4)
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-13 12:26


モガンという港

f0126115_12143923.jpg

まるで絵本の中のような港があった。
そこでいわしの塩焼きとビールを飲んだ。
しあわせ。

f0126115_12145150.jpg

f0126115_1215339.jpg


There was a port as if in a picture-book world.
We had broiled sardines with salt and some beer.
So happy.
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-12 12:13


カナリアを満喫


f0126115_16175735.jpg
この島の南には、今いちだいリゾートが建設中だ。
ほとんどが乾いてサボテンなんかが生えている広大な土地に
大西洋を望むスパ。


f0126115_16174337.jpg
タラソテラピーでございます。
海水に浮くのって、体の力が全部ぬけて、気持ちい~
とっても、まぬけな感じですが・・・


この海の向こうは何があるのかな~って昔々みんな考えたのだね。
f0126115_1617254.jpg


(photo 1)
In the south of this island, there's one resort facility under construction.
Spa with the Atlantic Ocean view in a vast, wild dry land with cactus.

(photo 2)
This is Thalassotherapie.
It feels super to float on salt water, making my body loose and relaxed.
Though feels also like I became dumb.

I guess people in ancient times indulged themselves in imagining what they could find beyond this ocean.

(photo 3)
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-11 16:19


らすぱるます


遠い・・・なんでスペインって直行便ないの~
不思議だ!
かつては日本とマグロ漁の関係でとてもたくさんの交流があったという。
それが、なぜいまや直行便も飛ばない関係になってしまったのだろう。
誰に聞いても教えてくれない秘密を知りたい。

で、そのスペインのカナリア諸島グランカナリアに到着しました。
24時間かかった~
でも、その小さな島にかわせの映画を見に来てくれる人がいる。
幸せなことだ。
写真のわたしの横に座っている人は、1994年にオーストラリアで「につつまれて」
を見て、そのことが今回の回顧展につながっているというのだから、感動もひとしおです。
この20年の作品をすべて上映されているこの国の小さな島には、映画を文化として疑わない風土があるのです。

そして、ここが終わればフィルムはすべてガルシア地方に移動して、同じ回顧展が開催されるのです。

f0126115_14371668.jpg


f0126115_1437783.jpg


So far away... Why isn't there direct flight to Spain?
It's really strange!
Japan and Spain used to have a closer relationship due to tuna fishing.
But then, I wonder what changed such a relationship into this one
preventing us flying directly.

I want to know the secret why nobody tells me what happened about it.

Anyway, I arrived in such a country, Spain, here Canary Islands.
It took me twenty four hours...
On the tiny island, however, there are people who come to watch
Kawase's film.
It's a happy thing.
The man sitting next to me in the picture told me that this time's
retrospective of my works was originally born from his opportunity of
watching Embracing screened in Australia in 1994. It's so impressive to
hear such things.
On this tiny island screening all the works in these two decades, there is a climate of seeing film as a culture, without a shadow of doubt.

After this retrospective, all the films will be delivered to Galicia Province
and so will be held the same retrospective.
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-10 14:38


おべんとう


この日は本当はみんなでスペインカナリア諸島に行くはずだった。
けれど、みちゅきは、遠足に行きたいといった。
ああ、みちゅきの世界があるんだなと思った。
仕方ないのでひとりでカナリアへ。
早起きしてお弁当をつくって、24時間の旅。

現地に到着して電話すると、
「もう着いたん?らくだおる?」
今みちゅきは世界地図にはまっているのだ。
そう、ここはもうサハラ砂漠のほうが近いスペインの島。
「らくだはまだ見てへんけど・・・あと5回寝たら帰るな~」
「うん、帰ったらぴかぴかのお弁当箱の写真見てな~」

いとおしわが子を想う
日本から遠い遠い西の島です。

f0126115_14302556.jpg



We were supposed to go to the Canary Islands on the day.
But Michuki said he wanted to go out for a picnic.
Michuki has his own world, I thought.
And so, I left for the Canary Islands by myself.
I got up early to make box lunch for him and set out on a twenty-four
hour journey.

When I arrived, I called home.
“You already arrived? Did you find camels?”
Michuki has been into a world map these days.
Yes, this Spanish island is closer to the Sahara desert.
“I haven't seen camels yet... I'll come home after I sleep five nights,
alright?” I replied.
“OK. When you come home, take a look at a picture of my shiny lunch
box, will you?”

Thinking of my beloved son.
From the western island, far and far away from Japan.
[PR]
by Naomikawase | 2008-03-10 14:30

    

映画作家・河瀬直美がつれづれに日々の出来事を綴ります。
by naomikawase
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30